予防歯科は、新潟市南区の歯医者、大通り歯科へ

  • バリアフリー駐車場完備
  • 平日 9:00-13:00/14:30-18:00
    (土曜午後は17:00まで)
    休診日 木曜日・日曜日・祝日
0253626480

新潟県新潟市南区大通黄金3丁目1-1

24時間簡単ネット予約
大通り歯科は、「外来環施設基準認定歯科医院」「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」認定歯科医院です
大通り歯科は、「外来環施設基準認定歯科医院」「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」認定歯科医院です

新着情報

2019/4/27
GWの休診日は
4月29日(日)〜5月6日(月)
になります。
緊急の処置が必要な場合、下記の新潟市口腔保健福祉センターにご連絡ください。
新潟市口腔保健福祉センター
http://ii-ha.net/k-center/details1.html
ご迷惑おかけしますが、よろしくお願い致します。
2018/11/22
12月7日(金)、15日(土)は院長不在の為、休診とさせていただきます。
年末年始は30日(日)~1月3日(木)まで休診です。
ご迷惑おかけしますが宜しくお願い致します。
2018/10/16
11月1日(木)、2日(金)は院長不在のため休診になります。
ご迷惑おかけしますが宜しくお願い致します。
2018/8/28
9月1日(土)、29日(土)は院長不在の為 休診とさせていただきます。
ご迷惑おかけしますが宜しくお願い致します。
2018/5/21
6月9日(土)院長不在の為休診、18日(月)午後からセミナーの為休診とさせていただきます。
ご迷惑おかけしますが、宜しくお願い致します。

ブログ新着

2019/03/27今年度のご報告
早いもので年度末ですね。 今年は雪が少なく、昨年と比べてだいぶ過ごしやすい冬でした^^ HP...
2017/05/29インプラント治療
最近は春というより初夏の気候ですね。 ご無沙汰しております。院長の渡部です。 先日、当院でも...
2017/03/13あいうべ体操
だいぶご無沙汰しておりましたが、本年初めての更新になります。 昨日、名古屋市で「あいうべ体操」で有...
2016/10/23チームミーティング2016
こんにちは。 大通り歯科院長の渡部です。 近頃は寒くなってきました。 診療室にいらっしゃる...
2016/09/23診療室4
こんばんは。 大通り歯科院長の渡部です。早いもので開院してもう9ヶ月が経ってしまいました。 おか...
2016/09/23CEセミナー アドバンスコースを終えて
こんばんは。 大通り歯科院長の渡部です。 先週末は診療所をお休みにさせて頂き、名古屋で開催さ...
2016/04/17歯周病の勉強会
こんにちは。 大通り歯科院長の渡部です。 4/10に歯周病の勉強会を当院で行いました。 講...
2016/04/06新年度のご挨拶
こんにちは。 大通り歯科院長の渡部です。 4月に入り、天気の良い日が多くなってきましたね。 通...
2016/02/25ブログ開設
こんにちは。 大通り歯科院長の渡部です。 ブログのページを作成してからしばらく経ってしま...

Facebook

  1. 世界最高基準の最新の衛生設備:クラスB滅菌器
  2. より精確な診断のために:歯科用CT
  3. 精密な被せ物や詰め物をその日のうちに:CAD/CAMシステム
MTMメディカルトリートメント

オーダーメイド
の予防歯科

MTM メディカルトリートメントモデルmedical treatment model

患者さんによって、むし歯や歯周病など口腔の健康に関するリスクは異なります。当歯科では、それぞれのリスク評価を行い、患者さんお一人おひとりに合った予防歯科プログラムを提案します。

詳しくはこちら詳しくはこちら  
身体にやさしいメタルフリー治療

身体にやさしい
メタルフリー治療esthetic dentistry

CERECの専門的な技術を学んだ院長が、金属を使わずに見た目が自然で、歯を長持ちさせる詰め物を作ります。

詳しくはこちら詳しくはこちら  

治療から始まる歯科医院から予防から始める歯科医院へ

当院は予防歯科を中心とした歯科医院です。
応急処置を除いてすぐに治療に入ることはありません。
「現在の状態がどんな状態なのか?」
「そのようになってしまった原因は何なのか?」
来院された患者さんのことをしっかりと知るために、お話を聞き、必要な検査をします。
虫歯も歯周病も原因はバイオフィルム(細菌の塊)です。
来院される多くの方は、来院時には口腔内にたくさんのバイオフィルムが付着している状態であることが多いため、まずは原因であるバイオフィルムを除去することから始めます。
また虫歯、歯周病は人によって発症や進行が異なります。
これは患者さんの生活環境、細菌数、唾液量などが人それぞれ違うためです。
私たちはそれを「リスク」と呼んでいます。
リスクを知り、原因を除去すること。
虫歯も歯周病もそれができれば予防することが可能です。
失うと元に戻すことのできない歯を、強い痛みの伴う削ってつめる、抜くといった「治療」ではなく、そうならないために「予防」することがとても大切です。 生涯を通じて1本の歯も失わないで済むように。
痛みがない今から予防のために通われませんか?
予防歯科のスペシャリストとしてしっかりとサポート致します。