• バリアフリー駐車場完備
  • 平日 9:00-13:00/14:30-18:00
    (土曜午後は17:00まで)
    休診日 木曜日・日曜日・祝日
0253626480

新潟県新潟市南区大通黄金3丁目1-1

24時間簡単ネット予約

MTMについて

診療 院内風景

MTM(メディカルトリートメントモデル)とはMTM(メディカル
トリートメントモデル)は、
初期のリスク評価から、個々の患者さんに合わせた予防プログラムの立案、
最小侵襲治療を行い、定期的なメインテナンスに至るまでの流れです。
当院では全ての患者さんにMTMの流れに沿って診療を進めています。

MTM(メディカルトリートメントモデル)~成人の場合~MTM(メディカルトリートメントモデル)~成人の場合~

  1. 初診まずは当院の診療システムについてご説明します

    初診の様子

    当院での初診は、治療中心型の歯科医院とは違うため、緊急の患者さんを除き、すぐに検査や治療に入ることはいたしません。
    まずは、来院された理由や、診療を進めていく上で必要な情報をお聞きします。

    口腔内の環境チェック(60分)
    • 問診
    • 口腔内写真
    • レントゲン
    • 歯周病の基本検査
    • リスク検査の必要性についての説明

    その後、お口の中の写真とレントゲンを撮り、歯周病の検査をします。
    現在のお口の状態を目に見える形で知って頂き、どのようにして病気(むし歯や歯周病)を改善していくか、もしくは健康な状態を維持していくかをご提案します。
    ※強い痛みなど緊急性の高い主訴がある場合は応急処置を行います。

  2. むし歯のリスク検査 むし歯のリスクをチェックします
    • むし歯のリスク検査
    • セルフケアの指導(歯磨き指導)
    • PMTC

    むし歯のリスク検査

    だ液検査、飲食習慣の確認、口腔内診査によりむし歯のリスクを調べます。
    むし歯と歯周病の予防に重要なセルフケア(歯磨き)の方法について説明します。セルフケアがしっかりできていないと、次回以降の歯石除去の効果が半減してしまいます。このためセルフケアをしっかりできるようになることはとても重要です。その後、歯の表面の硬い汚れを専用の器具を使用して取り除きます(PMTC)。

    だ液検査(サリバテスト)の流れだ液検査(サリバテスト)の流れ

    1. ① 検査の説明と生活習慣のヒアリング
      1.検査の説明と生活習慣のヒアリング

      今回の検査でわかること等を詳しくお話します。
      また、日頃どのような生活習慣を送っているのかをお伺いします。

    2. ② だ液を採取し、量を測定
      2.だ液を採取し、量を測定

      味のついていないガムを噛みながら、だ液を採取します。
      5分間でどれくらいのだ液が分泌されるかを測定します。
      量が多いほど抗菌作用がはたらきます。

    3. ③ むし歯菌の検査
      3.むし歯菌の検査

      検査棒を舌にあてて、むし歯菌の数と種類を調べます。

    4. ④ だ液の中和力の検査
      4.だ液の中和力の検査

      検査用紙の色の変化を見ます。

    5. ⑤ むし歯を進行させる菌の数を検査
      5.むし歯を進行させる菌の数を検査

      培養体にだ液をかけ、試験管に保存します。

    6. ⑥ 菌の培養
      6.菌の培養

      専用の培養器にいれて、数日置いた後に検査結果を見ます。

    次回の来院時に検査結果をご説明します

    次回の来院時に、検査結果をカウンセリングルームにて、モニターを使いながらわかりやすくご説明します。
    だ液を分析することで、ご自身の細菌状態がよくわかり、将来のお口の状態が予測できます。
    一緒に皆様に最適な予防対策を立て、むし歯や歯周病になりにくい口腔環境を目指していきましょう。

  3. 検査結果の説明 検査結果と方針について丁寧な説明を行います

    歯周病の精密検査(再評価①)

    歯周病の状態を把握するために、初診時よりも精密な検査をします。

    むし歯、歯周病リスクの説明

    担当衛生士が、むし歯と歯周病のリスク検査の結果を説明します。
    お一人おひとりで違うむし歯や歯周病の原因を知ることで、効果的な予防プログラムを作ることができます。

    治療カウンセリング

    次回から始まる基本治療と、その後どのような治療が必要になるかを大まかに説明します。

  4. 基本治療 セルフケアの指導と歯石の除去をします

    セルフケアの確認

    セルフケアができているかを確認します。STEP2でお口の中全体の汚れを一度取り除いているので、汚れの付いている部分はセルフケアが不十分な部分ですので、再度アドバイスをします。

    デブライトメント(歯石の除去)

    歯周病が進行している部分には歯石などの汚れが付着しています。
    歯石はセルフケアでは除去できないため、専用の器具を使用して除去します(デブライトメント)。
    STEP3は歯周病の進行状態によって3〜6回に分けて、お口の中全体で行います。

  5. 治療計画精密検査と治療計画を立案します

    歯周病の精密検査(再評価②)

    STEP4の基本治療によって歯周病がどの程度改善されたかを調べます。

    治療計画

    必要であれば再度、基本治療を行います。
    歯周病の改善が認められていれば、むし歯が認められる部分、セルフケアを妨げる原因になっている被せ物、見た目が気になっている部位などの治療計画を立てます。

    以下の4つの場合には、治療が必要になります
    1. 1痛みのある場合
    2. 2進行性のむし歯が認められる部分
    3. 3セルフケアを妨げる原因となっているような不適(合っていない)詰め物や被せ物
    4. 4見た目が気になっている部分

    当院の院長は日本歯科保存学会の専門医であり、う蝕治療のガイドラインに則り、必要最小限の侵襲治療(MI治療)に努めています。

  6. 修復・補綴・セラミック治療 治療が必要な部位について治療を行います

    また修復治療を行う場合は、CERECという最新のCAD/CAMを使用したオールセラミック治療も行っています。
    従来の金属治療と比べて予後が非常に良い治療です。
    当院の院長は新潟大学およびチューリッヒ大学(スイス)でCERECの専門的な技術を学び、現在は国内で最もCERECの研究と臨床を行っているInnovative Zahnmedizinに所属しています。
    お気軽にお問い合わせください。

  7. 再評価歯周病の状態の変化についてのご説明
    • 歯周病の精密検査
    • メインテナンスの説明

    STEP4〜STEP6の治療により歯周病の状態がどのように変化したかを調べます。
    歯周病の状態と進行するリスク、むし歯のリスクなどを総合して、健康を維持するために必要なメインテナンスの頻度を決めます。

  8. メインテナンス セルフケアの状態をチェック
    • 歯周病の精密検査
    • セルフケアの確認
    • PMTC
    • デブライトメント(必要であれば)

    新たなむし歯の発症や、歯周病が進行していないかを調べます。セルフケアの状態をチェックし、より良くするための指導を行います。セルフケアで取りきれない汚れや、必要であれば歯石の除去を行います。

MTM(メディカルトリートメントモデル)~小児の場合~MTM(メディカルトリートメントモデル)~小児の場合~

  1. 初診ステップ1

    口腔内の環境チェック(60分)
    • 問診
    • 口腔内写真
    • レントゲン
    • 口腔内処置
    • 応急処置(必要に応じて)
    初診
  2. むし歯リスクの検査ステップ2

    • だ液検査(サリバテスト)
    • セルフケアの指導(歯みがき指導)
    • 総合評価と今後の治療方針の説明
    • 治療(必要に応じて)
    むし歯リスクの検査
  3. 検査結果の説明と基本治療ステップ3

    • ・検査の結果をもとに今後の治療についてお子様とご両親へご説明します。
    • ・初期治療により治りはじめた箇所の、むし歯治療を行ないます。
  4. 口腔内の診査と説明ステップ4

    治療時に毎回入力されているデータや、写真を使うことで以前と比較して、口腔内の環境がどのように改善されているかをお子様とご両親にご説明します。また今後の予防治療についてプログラムを再確認します。

    口腔内の診査と説明
  5. メインテナンスステップ5

    • ホームケア指導
    • PMTC
    • フッ素塗布
    • 口腔内診査

    むし歯の予防にはしっかりとした正しい歯磨きが大切です。
    永久歯が生えてくる前にしっかりと習慣づけ、成人になってもむし歯のないお口になれるようお子様へ日頃の歯磨きを心がけさせてください。

    メインテナンス